精神科・心療内科・神経内科の違いについて

 

ストレス社会と言われる現在、精神科と言う言葉は以前より身近な言葉になってきています。しかし、精神科って良く分からないことが多いですよね。少しでも精神科を身近な存在にするために、精神科、心療内科、神経内科の違いについてみていきたいと思います。

 

精神科に関連した診療科には「精神科」「心療内科」「神経内科」があります。神経内科は「内科」と言う言葉がついており、体の病気を治療してくれる診療科になります。

 

神経の働きに不具合が生じ、様々な症状が現れている場合はこの診療科を利用します。具体的には、認知症やパーキンソン症候群などの疾患が該当し、精神的なストレスによる疾患の治療は該当しません。

 

「心療内科」は心のストレスが頭痛や腹痛といった体の症状に現れてしまっている人を専門的に治療します。そして「精神科」は広く精神的なストレスが原因で生じる様々な症状に対して対応できる診療科です。

 

精神科の中に心療内科が含まれるようなイメージになるのですが、実際はこの両者はほとんど同じ役割を果たしています。そのため、ストレスが原因で様々な症状や悩み事が生じている場合は、精神科及び心療内科を標榜しているところを受診してみてください。

 

次に病院とクリニックの違いです。この2つの違いは、一定数以上の入院設備が整っているのかどうか。精神的に混乱すると、命の安全を守るため、場合によっては入院が必要になることもあります。

 

その危険性が高い場合は、クリニックではなく病院と名前がついているところを受診すると、いざと言う時にスムーズに入院可能です。自分の症状に合わせてぴったりの精神科を選んでいきましょう。

 

悟りの世界