フレッツ光の転用の注意点

光コラボレーションの転用によって申し込みをした場合は新規の申し込みに比べると受け取れるキャッシュバックの金額が少ないことがほとんどです
例えば新規契約であれば3万円のキャッシュバックがもらえるところが10用のケースだと1万円に減額されたりすることがあります

しかしその代わりと言ってはなんですがキャッシュバックでもらえる金額が少ない部分工事料金がかからなかったり申し込み後にすぐにインターネットを利用できたりする利点がありますのであえてわざわざ一旦解約してから新規で申し込みをすることは必要ありません

次に光コラボレーションで転用するケースの注意点として現在のプロバイダーを引き続き使いたい場合でもそのプロバイダーがテンように対応していなければ他の会社のプロバイダーに変更するしかありません

プロバイダーを変更するとインターネットの回線スピードが遅くなる場合もありますので転用する前にプロバイダーが光コラボレーションに対応しているかどうか確認する必要があります

それから光コラボレーションで転用する場合のもうひとつの注意点としてフレッツ光のポイントがなくなる前についても注意しておきましょう

フレッツ光のポイントというのは一か月ごとに溜まっていて指定の商品に交換できるのですがもし転用する場合はポイントを使い切ってからしましょう

フレッツ光 転用 ドコモ光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です